ヒュッゲ

ヒュッゲ(Hygge)とは、デンマーク語で「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」という意味の、他の国の言語では置き換えられないデンマークの個性を形成している言葉。

一人ひとりが自分の考えをもち、自分のライフスタイルを大切にしているからこそ、他人を思いやるヒュッゲな気持ちが生まれるとデンマークの人たちは言います。

アンデルセングループでは、1988年に広島アンデルセンを改装した際に「暮らしに、ヒュッゲ」をテーマに掲げて以来、デンマークをお手本にしている私たちの商品、サービス、店舗のすべてで表現したい大切な言葉となっています。

デンマークとの交流の歴史

環境への取り組み