教育

デンマークは国土面積が九州よりやや広いぐらいの小さくて自然資源に恵まれない国。国家の最大の資源は人であるという考えのもと、「一人ひとりが自立し、能力や才能を社会のために使う」ことを教育理念に掲げています。

このデンマークをお手本にしたのが、2004年に広島県北部に開設した「アンデルセン芸北100年農場」にある「高木俊介製パン学校」です。ブルドーザーを使わずに自分たちの手で開墾し、麦を育て、粉を挽き、生地を捏ねて、石窯で焼く。そしてそのパンを楽しむ食卓を整える「土づくりから食卓づくりまで」を実践し、よきパン職人としての心と技術を学んでいます。

またトップベーカーの育成のために若い技術者がデンマークなどの本場でパン文化や技術を学んでいるほか、2008年の創業60周年には1000名以上の従業員がデンマークのライフスタイルを学ぶ研修に参加、その経験が会社の財産となっています。

デンマークとの交流の歴史

ヒュッゲ