選考委員紹介

「アンデルセンのメルヘン大賞」は、委員長1名、委員5名によって選考されます。
選考委員長は、第1回目より童話作家で詩人でもある立原えりか先生、選考委員は、第一線で活躍中の画風の異なる画家・イラストレーターの方5名。選考委員になるのは、1回限り、毎回違った顔ぶれの方々が務めます。

選考委員長

立原えりか先生 日本女流メルヘン作家の中で、三指に数えられる童話作家であり、詩人。
ふくよかな香気をたたえた名作を数多く著作。
『人魚のくつ』で、1959年児童文学者協会新人賞受賞。
1961年『でかでか人とちびちび人』で、講談社児童文学新人賞受賞。
「立原えりか作品集」(全7巻)思潮社。
「立原えりか童話集」(全5巻)角川文庫。
「立原えりかファンタジーランド」(全16巻)青土社、その他。

第35回選考委員 (イラストレーター/50音順)

音部 訓子 (おとべ のりこ)先生

音部  訓子 (おとべ  のりこ)先生

筆のタッチでデフォルメされたしぐさに、たおやかな女性の感性が漂います。

ゴトウ ヒロシ先生

ゴトウ ヒロシ先生

心の奥に秘めた情感や人間性を、シックな色調と独自の技法で描きだします。

近藤 美和 (こんどう みわ)先生

近藤 美和 (こんどう  みわ)先生

ユーモラスなキャラクターや心地よい色彩で、ファンタジックな世界を表現します。

福原 ゆきお (ふくはら ゆきお)先生

福原 ゆきお (ふくはら  ゆきお)先生

可憐であどけない表情の子どもたちや、愛らしい動物たちをやさしく表わします。

渡辺 浮美生 (わたなべ ふみお)先生

渡辺 浮美生 (わたなべ  ふみお)先生

きらめく緑豊かな風景や街並みの情景を、スケール感のある構成で細やかに描きます。

応募要項

受賞作品紹介