【全社】新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み概況(2020.05.20現在)

平素より、アンデルセングループの店舗および商品をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。

アンデルセングループでは、この度の新型コロナウイルスによる感染拡大の状況を受け、お客様に安心してご利用いただくことを第一に考え、また従業員の健康と安全のため、下記の通り対策を講じております。今後も日々変わっていく状況を鑑み、日本政府及び関係機関の示す方針に準じ、その都度適切な対策を取ってまいります。何卒ご理解ならびにご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 


【アンデルセングループ全社の取り組み】

1. 従業員の健康チェックの実施
毎出勤時に検温を行い、体温が37.5度以上の場合は退社し、自宅待機とします。また、出社前、出社後に体温が37.5度以上あった場合・発熱以外の体調不良(味覚・嗅覚障害等)も報告を行っています。なお、休みの日、在宅勤務日も同様に実施しています。

2.手洗い・うがい・手のアルコール消毒の徹底とマスクの着用
全従業員に対して、感染予防のため、定期的な手洗い・うがいを徹底するとともに、出勤者には就業時および出退勤時のマスク着用を義務化して感染拡大防止をしています。

3.定期消毒及び職場換気の実施
ドアノブ・エレベーター内のボタンなど、接触が多い箇所のアルコール消毒を、頻度を増やして実施しています。

4.主催イベント等の中止および開催時期の再考

5.不要不急の外出・会合出席の禁止

6.海外出張・海外渡航(個人)中止及び延期

7.通勤方法の変更
出勤時は、可能な限り公共交通機関の利用を避けます。公共交通機関を使用する場合は、マスク着用のうえ、時差出勤などを行い、混雑を避けることとしています。

8.会議の見直し
不要不急の会議は中止、または延期。実施する場合は、相互の距離を取ることやTV会議などを活用しています。

9. 商談時は、マスク着用、検温、対面を避ける、距離を取るなどの感染予防策を講じています。

10.感染リスク分散のための勤務体制変更
可能な限り在宅勤務の実施。在宅勤務ができない部門は、業務を行うエリアを2ゾーンに分ける、またこれに加え部門内で人員が交差しない2シフト体制を取っています。

11.来客者、来工者の検温実施

 

 

【タカキベーカリー工場での取り組み】

1.工場への入場制限
工場生産現場への入場は、原則、当該工場の従業員のみとしています。

 

 

【アンデルセン、リトルマーメイドなど店舗での取り組み】

1. 商品の個包装、フィルム掛け対応の実施
原則全商品の個包装対応を実施しています。ただし焼きたての場合など個包装対応が困難な場合、衛生面を第一に考慮し、おいしさを損なわないよう対策を行います。

2. アルコール消毒の実施
・トレイ、トング、販売什器、テーブル、椅子、レジ台など、接触が多い箇所のアルコール消毒を、頻度を増やして実施しています。
・店頭にお客様用のアルコール消毒液を設置しています。

3.感染防止の対策
・レジカウンターにおける飛沫感染防止シートの設置や、レジをお待ちいただくお客様へ一定の距離をとっていただくためのラインテープの貼付けなども順次進めています。
・試食販売は中止しています。
・カフェでは、対面での飲食とならない席の配置にしています。

なお、店舗の営業時間・営業日に関しましては、百貨店や商業施設等による決定に伴い、急遽変更に なる場合がございます。


アンデルセングループはこれからも安全安心な商品とサービスの提供に努めてまいります。

 

2020 年 5月 20 日
株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所