選考委員紹介

「アンデルセンのメルヘン大賞」は、委員長1名、委員5名によって選考されます。
選考委員長は、第1回目より童話作家で詩人でもある立原えりか先生、選考委員は、第一線で活躍中の画風の異なる画家・イラストレーターの方5名。選考委員になるのは、1回限り、毎回違った顔ぶれの方々が務めます。

選考委員長

立原えりか先生 日本女流メルヘン作家の中で、三指に数えられる童話作家であり、詩人。
ふくよかな香気をたたえた名作を数多く著作。
『人魚のくつ』で、1959年児童文学者協会新人賞受賞。
1961年『でかでか人とちびちび人』で、講談社児童文学新人賞受賞。
「立原えりか作品集」(全7巻)思潮社。
「立原えりか童話集」(全5巻)角川文庫。
「立原えりかファンタジーランド」(全16巻)青土社、その他。

第36回選考委員 (イラストレーター/50音順)

柿田 ゆかり(かきた ゆかり)先生

柿田 ゆかり(かきた ゆかり)先生

ふくよかなキャラクターたちが織りなす世界を、独特なタッチで明るく描きます。

橘田 幸雄(きった ゆきお)先生

橘田 幸雄(きった ゆきお)先生

清らかな季節の風景や人物をグラフィック的に表わし、さわやかな情感を誘います。

佐藤 昌美(さとう まさみ)先生

佐藤 昌美(さとう まさみ)先生

やわらかな筆はこびでシンプルに表現。詩的な情景に穏やかな静けさが漂います。

ふじしま 青年(ふじしま あおとし)先生

ふじしま 青年(ふじしま あおとし)先生

色鉛筆とパステルの淡い色使いで、ファンタスティックなひらめきを表現します。

吉實 恵(よしざね めぐみ)先生

吉實 恵(よしざね めぐみ)先生

開放感のある構成とあざやかな配色が、独自のまなざしと感性を放ちます。

応募要項

受賞作品紹介