• ANDERSEN Institute of Bread & Life
  • HIROSHIMA ANDERSEN
  • ANDERSEN
  • MERMAID BAKERY PARTNERS
  • TAKAKI BAKERY
  • TAKAKI FOODSERVICE PARTNERS
  • JEAN-PAUL HEVIN
  • TAKAKI RETAIL OPERATION
  • TAKAKI HEALTH CARE FOODS
  • all
アンデルセン・パン生活文化研究所

2018.04.02

第35回アンデルセンのメルヘン大賞 受賞作品発表!

あなたの作品が、1冊の絵本になります。

多くの方と童話を通じて夢や感動を分かち合いたいとの思いから創設した
「アンデルセンのメルヘン大賞」

その第35回 受賞作品が、4月2日に発表になりました。

一般部門1,050点 こども部門105点 計1,155点の作品が寄せられ、
受賞作品12点が決定しました。

【一般部門】
◆大賞  「クリスマスのすきやき」
      柳川 昌和  (大阪府) 選考・挿絵 ゴトウ ヒロシ

◆優秀賞 「ドレスのキヲク」
      おだ みずき (東京都選考・挿絵 音部 訓子 
     「不思議な布屋」
      藤森 かほる(東京都) 選考・挿絵 近藤 美和
      「トマト畑で会いましょう」
      諸口 正太  (埼玉県)  選考・挿絵 渡辺 浮美生     

◆入賞  「「落し物」の木?」          青空 雄太(埼玉県)
     「キュウカンチョウ婆ちゃんのひとり言」大瀬 晋(三重県)
     「夏の空色自転車」           小林 弘尚(広島県)
     「茜屋クリーニング店」        なかがわ としこ(東京都)
     「思い出アップデート」         吉田 洋子(東京都)

【こども部門】
◆大賞  「かおり屋 むうの 長い一日」    
      瀬古 一葉 (三重県)  選考・挿絵 福原 ゆきお         

◆入賞  「ゆみ子のねがいごと」  佐藤 文子 (東京都)
     「一枚の葉っぱ」     吉原 妃奈乃(広島県)

※4月2日は、デンマークの童話作家H.C.アンデルセンの生誕の日。
 毎年、4月2日に受賞品を発表しています。

今回の大賞・優秀賞の作品は、選考委員を務めていただいた5人のプロの絵本画家・イラストレーターの挿絵がついて「第35集アンデルセンのメルヘン文庫」として、この秋刊行されます。楽しみにお待ち下さい。

 

詳細につきましては、こちらをご覧ください。
⇒「アンデルセンのメルヘン大賞」についてはこちらから

本件に関するお問い合わせ先

株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所
アンデルセンのメルヘン大賞事務局
(広島)082-240-1003

アンデルセン・パン生活文化研究所
グループの未来のために、持ち株会社としてグループ全体の戦略を統括します。 生活研究やお客様の声を企業活動に反映させることにより、長期的視野で将来の市場と顧客創造のための戦略立案を行うとともに、グループ全体の商品や情報のクオリティコントロールを行います。