• ANDERSEN Institute of Bread & Life
  • HIROSHIMA ANDERSEN
  • ANDERSEN
  • MERMAID BAKERY PARTNERS
  • TAKAKI BAKERY
  • TAKAKI FOODSERVICE PARTNERS
  • JEAN-PAUL HEVIN
  • TAKAKI RETAIL OPERATION
  • TAKAKI HEALTH CARE FOODS
  • all
アンデルセン

2016.11.25

アンデルセンセレオ国分寺店オープン

株式会社アンデルセン(本社:広島市中区、代表取締役 社長執行役員:中原 健治)は、2016年11月25日(金)に「セレオ国分寺」内に、全国で72店目となる直営ベーカリー「アンデルセン」を新規出店いたします。石窯で焼き上げるパンを中心に展開し、焼きたてのおいしさをその場で楽しめるイートインも併設。パンのあるヒュッゲな暮らしをご提案します。

※「ヒュッゲ」とは、人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気という意味のデンマーク語。

石窯で焼き上げた本格のおいしさ

アンデルセンセレオ国分寺店で新たに登場するのは、今回のオープンのために開発した、石窯で焼きあげる本格のパンです。石窯では、熱せられた"石"から発せられる遠赤外線の効果を利用してパンを焼きます。そうすることで、水分が必要以上に蒸発することがなく、外はこんがり、中はしっとり、もっちりとした食感に。素材の風味をぎゅっと閉じ込めたおいしいパンが出来上がります。

「ブレッドマスター」がパンの楽しみ方をご提案

ブレッドマスターとは、「ワインのソムリエのように、パンのおいしさをお伝えする専門家を育てたい」と、アンデルセンが独自の社内資格制度で育成するパン販売のプロです。アンデルセンセレオ国分寺店では、深い知識と幅広い経験を持つブレッドマスターが、パンのおいしい食べ方のご紹介や、お料理にあうパンの選び方など、お客様のライフスタイルにあわせてパンの楽しみ方をご提案します。

国分寺三百年野菜「こくベジ」を味わう

国分寺店の独自商品群として展開するのが、「こくベジフォカッチャ」シリーズです。「こくベジ」とは、江戸時代から約300年もの間、土を育むことを大切にし、一つひとつ工夫しながらていねいに育てられた国分寺野菜のこと。そのコクのあるおいしさをアンデルセンのパンとともに味わっていただけます。

■店舗情報

アンデルセンセレオ国分寺店
〒185-0021 東京都国分寺市南町3-20-3セレオ国分寺1F   TEL 042-312-2046
営業時間 7:00~22:00

アンデルセン/(ベーカリー)のHPはこちら

ニュースリリース.pdfはこちら

本件に関するお問い合わせ先

㈱アンデルセン・パン生活文化研究所 広報室
(広島)082-240-9409 (東京)03-6711-5030

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

アンデルセン
青山アンデルセンをはじめ、全国に小売直営店舗「アンデルセン」を展開。街のホームベーカリーとして、心地よい雰囲気のもとでヨーロッパの本格のパンをお届けするだけでなく、それぞれの街にあった「the Bakery and more-パンからはじまる、ヒュッゲな暮らし。」を多彩にご提案しています。また、焼きたてデニッシュの専門店「デニッシュハート」や、小スペースで厳選したアンデルセンの商品を品揃えしている「アンデルセンセレクト」などの新業態にもチャレンジしています。 ※ヒュッゲ(Hygge)とは・・・デンマーク語で「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」を意味する言葉