JEAN-PAUL HÉVIN JAPON

株式会社JEAN-PAUL HÉVIN JAPON
ジャン=ポール・エヴァン東京ミッドタウン店 店長
南雲 裕里絵

■経歴
2015年入社 ジャン・ポール=エヴァン伊勢丹新宿本店へ配属
2016年11月 アトリエに異動
2018年10月より現職
■参加した研修
内定者フランス旅行
新入社員研修
フォローアップ研修
内定者オブザーバー
社内交換留学
マネージャー候補者研修

アンデルセングループを選び入社した理由

幼い頃から甘いものが大好きでお菓子を通して多くの人に幸せを提供する仕事に就きたいという考えがあり、ジャン=ポール・エヴァンの理念である「Le chocolat fait bonheur ショコラで人々を幸せにする」という考えに共感したためです。高校生の頃にフランス旅行へ行った際にジャン=ポール・エヴァンの商品を食べて美味しさに感動し、私にとって忘れられない思い出になりました。大学でもフランスの食文化を学び、少しでもフランスに関わる仕事が出来ればいいなと考えていたところ、就職活動中に「フランス×お菓子」という大好きな組み合わせの会社であり、それが憧れていたジャン=ポール・エヴァンであることを見つけ、非常に嬉しく感じたのを今も覚えています。

現在の仕事内容

店長としてお店の毎月の売上計画の作成、ショコラやガトーなどの商品発注、お店で働いて頂く時間社員の方の採用活動などを行なっています。また他のスタッフと同様、お買い物をして頂くCaveでの接客、ケーキやドリンクをお召し上がりいただくBarでのサービスも行っております。
「お客様がお店でどのように、どんな気持ちで商品をご覧になっているかをよく見ることが大切」という言葉を上司にかけていただいて依頼、毎日心に留めてお店に立つようにしています。

仕事のやりがい

お客様が楽しそうにお買い物をして頂いている姿や、カフェで美味しそうにショコラショーを召し上がる姿を見かけたときにやっていて良かったという気持ちになります。また、お客様から「また来ます」という一言をいただく瞬間が1番嬉しいです。

仕事の大変さ

お店の運営はもちろんですが、スタッフの皆さんにいかに楽しくやりがいを持って働いていただくかを考えるのが、難しいと日々感じています。全員が同じ方向を向いて、どうすればお客様に喜んでいただけるかを考えることは、やりがいでもあり、大切にしなければいけないことなので、日々学ぶことが多くあります。

今後の目標

1人でも多くの方にジャン=ポール・エヴァンの商品がショコラの中で1番好きと思って頂けることが現在の目標です。スタッフの皆もジャン=ポール・エヴァンが好きで働いてくださっている方が多いので、全員で取組んでいけたら嬉しいなと考えています。

好きなショコラ、そしておすすめの食べ方をご紹介!

マノンというキャラメルムースのミルクチョコレートです。少しだけ温かいお部屋で室温に戻してから食べると、驚くほどふわっと溶けてやさしい甘みが口いっぱいに広がり1粒で幸せな気持ちになります。

就職活動中の学生さんへ

就職活動をしているとたくさんの会社を知ることが出来る一方で、一体何の仕事をしたいのか分からなくなってしまうときがあると思います。その時、自分にとって何が大切か、何になら夢中になれるかを考えると自然と行きたい業界や会社が見えてきます。大変な時期もあるかと思いますが、時々甘い物を食べてリラックスする時間を取りながら頑張ってください!

※所属・役職等は制作時点のものです。

ジャン=ポール・エヴァン

(株)JEAN-PAUL HÉVIN JAPON